もし君が心の道に迷っても 愛の場所がわかるように立っている
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
城崎温泉旅行記 その5
2月上旬に行ってきた城崎温泉旅行記も今回で最後です。

城崎の最終日は、玄武洞公園に行きました。
当初は城崎からレンタサイクルで行こうと言っていたのですが、
雨がちらつくので中止してタクシーに乗ることに。

タクシーのおっちゃんがよくしゃべる人で、「あれがコウノトリの巣用の鉄柱やー」とか
「玄武洞ミュージアムには珍しい石があってな、下に敷いた文字が浮き上がるんや・・・」とか
「見るまで信じられへんかもしれんけどな、こんにゃくみたいに柔らかいこんにゃく岩が・・・」とか
説明を聞いておりました。

たしかにミュージアムは、小規模ながら珍しい石がたくさんあって、
見ていて楽しかったです。
でもおっちゃん、テレビ石はもう有名すぎてもう自慢にならないと思う。
こんにゃく石はたしかにぐにって曲がったけど、
他のお客さんが曲げすぎてヒビがいっててくっつけた跡が・・・
あまりすごさが感じられませんでした。

私が気に入ったのは、パイライトという黄鉄鉱
天然のものなのに、人工っぽい六面体が結晶として出来るらしい。
不思議だなー。

玄武洞自体は柱状節理が美しい、国の天然記念物です。
玄武洞を初めとする5つの節理があります。
単なる洞窟があるだけと思ったので、これにはびっくりしました。

0226-2


0226-1

柱が全部六角柱になってて、とっても不思議。
ところてんっぽい。
ちなみにこの六角柱をモチーフに、ゆるキャラも作られています。
玄さんっていうらしい。
http://www.city.toyooka.hyogo.jp/www/contents/1257410845724/index.html

玄武洞ミュージアムのお土産やさんには玄さんグッズが売っていて、
その中でも玄さん餅という和菓子はとっても美味しかった。おすすめです☆

玄武洞で自然の奇跡を堪能した後は、
また城崎まで戻り、街をぶらぶらして今回の旅を終えました。
城崎は二回目だったので、前回行かなかったところを中心に
まったりめぐりましたが、グルメを中心になかなか楽しめました♪

0226-3
甘エビ丼もかにに負けず劣らず美味。さすが日本海側。

また行きたいなぁ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。